レンタル可能!人気のビジネス用品

レンタル可能で人気のビジネス用品に関するお助けサイト

レンタルの歴史

このコラムをシェアする

銀行も保険もルーツはギリシャ

商人だけでなく国や神殿も商売熱心でした。
鉱山や農地のレンタルを見ても納得です。
神殿の祭司が土地などの担保を取って国や個人にお金を貸す習慣が有りました。
民間の銀行も誕生しています。
基本的なシステムは今の銀行と同じです。
貿易業者は危険な航海での貿易に関しては、金利が高い代わりに船が沈没しても融資額の30%程度を返済するシステムが有ったそうです。
保険のルーツと言えます。
図書館はアメリカが発祥です。
会員がお金を出して建てましたが、非会員でも利用は出来ました。
ただし、非会員は閲覧のみです。
借りることが出来たのは会員と本の提供者のみでした。
貸出カードは無く、本の値段に相当する約束手形が貸出カードの代わりとなっていました。
期限までに返せない場合、約束手形が効力を発揮しました。

借りる事の本当の意味

借りるというのは、ちょっと拝借、分けてもらうという意味が含まれています。
そこから人情を生みました。
一方、西洋は大らかではありません。
個人主義なのです。
最近、レンタル自転車が人気です。
元々は放置自転車を利用して出来ました。
自治体が通勤や通学の足として駅までの往復用に自転車を貸し出しています。
1台の自転車を効率的に活用出来ます。
元々貸すシステムは古くから有りました。
所有する事よりも活用する価値に着目するという事です。
宝の持ち腐れが一番もったいないです。
活用できて初めて価値が出ます。
所有しているかどうかは価値が低いです。
レンタルとは、個人を対象とした短期の賃貸です。
リースとは、企業が希望する機械設備をリース会社が購入し、比較的長期間賃貸する事です。