レンタル可能!人気のビジネス用品

レンタル可能で人気のビジネス用品に関するお助けサイト

レンタルは最近の言葉か

損料という言葉が江戸時代にありました。
レンタルショップのようなものです。
衣類、日用品など幅広くレンタル出来たようです。
江戸時代は、大金持ち以外は持ち家は有りませんでした。
多くの庶民は、長屋と呼ばれる賃貸住宅に住んでいました。
長屋は細長い建物を薄い壁で仕切った共同住宅の事です。
今で言うと、ワンルームマンションといったところでしょうか。
江戸には、レンタルシステムが充実していました。
米、酒、おかず、魚も代金が有る時払いが出来たのです。
隣近所でも貸し借りは日常的でした。
面白いのは、火だねもレンタル出来た様です。
貧しい暮らしでも工夫してレンタルしてやりくりしていました。
明治以降も下町の庶民に受け継がれました。
もちろん本のレンタルも有りました。
寺子屋で使う教科書もレンタルされていました。
服のレンタルもありました。
商家の倉庫を管理した蔵法師は、興味深いです。
法師というとお坊さんを想像する方もいるかと思いますが、実はたまたま米穀の出納を管理していた人はみんな剃髪していて自然に法師になったそうです。
江戸時代の蔵法師は髪を伸ばしている人もいましたが、仕事の中身も地位も高くなり責任のある職種として評価されるようになったようです。
蔵の重要性は100万人が暮らす大都市である江戸の生活を支えるのが、大事な米穀、木、味噌、醤油などの保管庫だったのが蔵だったからです。
当時は火事が多く大事な蔵を守ることが大きな課題でした。

レンタルの歴史

レンタルは欧米から来たものと考える人が多いと思いますが、実は江戸時代にはレンタル商売が有ったことが分かっています。 貸本屋はレンタルビデオ、借御座船はレンタカー、借座敷はレンタルルームなどです。 現代ある商売は、実は江戸時代発祥というものがあります。

通貨の交換レート

現在も国の通貨の交換レートに日々の生活の影響を受けています。 江戸時代も同じ状況でした。 金貨を扱っていた関東と銀貨を扱っていた関西との間での話です。 当時は、金貨、銀貨、銅貨が流通していました。 つまり関東と関西では通貨が違っていたのです。 この事に注目したのが田沼意次で、銀行となる両替商を利用したのです。

質屋は庶民の味方

質屋は鎌倉時代からあったようです。 江戸時代になると登録制に変わりました。 盗品や禁制品が流れる事を防止する為です。 質屋は不動産を扱うものと家財を担保にする動産を扱うものがあります。 人気があったのは、動産の質屋でした。 金利は低く庶民の駆け込み寺と言えます。